エラスチンの働きと肌への効果

エラスチンの働き

 

エラスチンの働きと美容の効果について紹介します!

 

 

エラスチンという成分をご存知ですか?コラーゲンやヒアルロン酸はよく知られていますが、エラスチンは少し地味な存在ですね。

 

しかし、エラスチンも美肌を作ったり維持するためにとても重要な存在で、プルプルと弾力のある肌を維持するのには欠かすことができません。

 

そのため、化粧品やサプリなどにエラスチンを配合した商品も販売されています。コラーゲンとヒアルロン酸、そしてエラスチンは皮膚の土台となる真皮を構成している成分です。

 

今回は、エラスチンがどのような働きによって人の肌に効果を与えるのかを見ていきましょう。

 

エラスチンとは

 

エラスチンはコラーゲンの繊維を支える繊維状のたんぱく質で、皮膚の真皮にコラーゲンやヒアルロン酸とともに存在しています。

これらが正常に機能することによって肌の潤い、ハリ、弾力が保たれるのです。

 

エラスチンは真皮以外にも靭帯や動脈、肺などの臓器の弾性や伸縮性が必要な組織に欠かせない「弾性繊維」と呼ばれるものです。

 

人体のエラスチン含有率は、靭帯で78〜80%程度、動脈で約50%、肺で約20%、真皮で2〜5%程で、ほぼ全身に存在しています。

 

エラスチンは加齢とともに減少

 

肌の土台となる真皮を構成する細胞の一つに「繊維芽細胞」というものがあります。

 

この繊維芽細胞がエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸を作り出します。

 

しかし、加齢によってこの繊維芽細胞の働きが悪くなるため、エラスチンも生成量が減ってしますのです。

 

悲しいことですが、年齢を増すごとに肌のシワやたるみが目立ってくるのはそのためです。

 

コラーゲンと共に若々しい肌をサポートしてくれる

 

肌のハリや弾力を与える美容成分としては一般的にコラーゲンが有名ですね。

 

 

肌を若々しく保つ目的でコラーゲンドリンクなどを摂取している方も多くいます。

 

ただし、コラーゲンだけでは若々しい肌を維持することはできません。

 

実はエラスチンは単体で肌に働きかける成分ではなく、コラーゲンが効果的に作用するのを支えている成分なのです。

 

コラーゲン同士を結びつけて弾力を生み出す

 

エラスチンには体内でコラーゲンの繊維同士を網目状に結びつける役割があります。

 

この網目状の繊維がゴムのように伸縮する弾性があるため肌や組織にハリや柔軟性を与えるのです。

 

赤ちゃんの肌が柔らかいつきたてのお餅のようにフニャフニャでみずみずしい感触なのは、真皮に保水力に優れたヒアルロン酸が一番多く生成され、エラスチンがまだほとんど存在していないからです。

 

エラスチンは成長とともに増えて25歳くらいでピークを迎えます。

 

30代以降になるとエラスチンと共にヒアルロン酸もコラーゲンも減少していくため、肌のハリや弾力、潤いもなくなってしまうのです。

 

UVケアでシワやたるみを予防しよう!

 

肌のハリや弾力がなくなるとシワやたるみが増えてきます。

 

 

シワやたるみは加齢によるエラスチンやコラーゲンの生成量の減少以外にも、紫外線によるエラスチンやコラーゲンの破壊も原因となります。

 

紫外線A波(UVA)は波長が長く真皮に到達しやすい特長があります。

 

紫外線A波によってエラスチンが破壊されると、エラスチンによって束ねられていたコラーゲン繊維も切断され真皮を支えられなくなり、肌表面のシワやたるみを引き起こすのです。

 

エラスチンを減少させないためには徹底したUVカットも必要です。

 

動脈硬化を予防する

 

エラスチンは動脈硬化の予防に深く関わっているのをご存知でしたか?

血液を心臓から全身に運ぶ「動脈」は多くのエラスチンを含んでいます。

 

大動脈の伸縮によって中小の動脈に血液を送るわけですが、この伸縮ができるのもエラスチンの弾性のおかげです。

 

エラスチンの減少によって大動脈が伸縮できなくなると、心臓からの圧力が中小の動脈にダイレクトに伝わり高血圧になる可能性が高まります。

 

心臓からの血液を大動脈から中小動脈を流れ全身に運ぶことができるのも、エラスチンが中小の動脈に存在しているからです。

 

しかし、エラスチン不足に陥って細い動脈の収縮機能が低下すると、血圧が上昇したりします。エラスチンは血液の循環に不可欠な成分なのです。

 

エラスチンは25歳頃をピークに加齢と共にどんどん減少します。

 

逆に腎臓、肝臓、心臓、血管などではコラーゲンが増えますが、エラスチンがなければコラーゲンの効果が発揮できないのは前述の通りです。そのため、動脈は硬くなり、血液循環が悪化するのです。

 

女性向けの美容成分として注目を集めやすいエラスチンですが、実は男女問わず人体にとって大切な成分なのです。

 

脳梗塞や心筋梗塞の最大の原因となる動脈硬化を防ぐためにもエラスチンの量を維持したいものです。

 

 

最後に・・・

 

美容と健康に欠かすことのできない成分エラスチン。

 

残念ながらエラスチンの生成量は加齢とともに減少していきます。また、紫外線が原因で損なわれることも分かっています。

 

食事やサプリメントなどでエラスチンを補給するという手段もありますが、エラスチンは分子が大きいため、人体に吸収されにくいのが難点です。

 

最近ではエラスチンの低分子化に成功したメーカーがエラスチンを美容ドリンクや化粧品などに採用しているので活用しましょう。

 

また、エラスチンが少なくなってからの補給が難しいとなれば、減少を予防することに積極的になるほうが効率的です。

 

できるだけ紫外線の影響を受けないように日焼け対策をしっかり行ったり、繊維芽細胞を活性酸素から守るためにポリフェノールなどの抗酸化作用のあるものを摂取すると良いでしょう。